今年の紅白司会は“八重の桜”綾瀬はるか&“4年連続”嵐に決定

 NHKは18日、大みそか恒例の『第64回NHK紅白歌合戦』の紅組司会に女優・綾瀬はるか、白組司会に人気グループ・嵐、総合司会には昨年に引き続き有働由美子アナウンサーが決まったと正式発表した。

 同日、本番の舞台となる東京・渋谷のNHKホール前の屋外、秋晴れの空の下で会見が開かれ、綾瀬は真っ赤なワンピースと赤いハイヒールで登場。同局の今年の大河ドラマ『八重の桜』(毎週日曜 後8:00 総合ほか)の主人公、新島八重を演じ、9月末に全撮影を終えたばかりの綾瀬は、初の紅白司会に抜てきされ「緊張しています。教わりながら音楽の素晴らしさを一緒に伝えていけたら。柔軟に潔くやりたいと思います」と抱負を語った。

 4年連続で司会を任された嵐の大野智は「これまで2勝1敗ということで、勝ち越しているので、今年も勝って突き放したい」とライバル心メラメラ。「意外と敵対心が強いな」と気圧され気味の綾瀬は「時間が押した時はすっ飛ばすんですか?」と珍質問を投げかけて逆襲。櫻井翔は慌てて「すっ飛ばすことはないです。力を合わせながら、支え合いながらできたら」と健闘を誓い合った。

 ここ3年ほど、松下奈緒(『ゲゲゲの女房』)、井上真央(『おひさま』)、堀北真希(『梅ちゃん先生』)と3年連続で朝ドラヒロインが紅組司会を務めてきたが、ハンサムウーマン“八重”が2013年の締めくくりを飾ることになった。

 今年のテーマは「歌がここにある」。放送時間は、一昨年、昨年と同じ歴代最長タイとなる4時間半(5分間のニュース中断含む)の長丁場で、テレビ放送60年の年を、日本を代表する歌手たちの熱いステージで締めくくる。これまでの対戦成績は紅組29勝、白組34勝。

創作者介紹

嵐について行く

櫻小優 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()