“嵐先生”が東京ドームで4万5000人に授業

デイリースポーツ 5月19日(木)9時9分配信

 国民的人気グループ・嵐が6月に東京ドームで東日本大震災のチャリティーイベントを行うことを18日、都内でメンバーが発表した。嵐が“先生”となり会場のファン4万5000人と「今後の日本がよりよくなるもの」を授業スタイルで勉強するイベント。松本潤(27)は「学校です。ドキドキ、ワクワク楽しい空間を作る」と目を輝かせた。収益の一部は義援金として送られる。また7月24日からはコンサートツアーも開催、イベントと合わせ全国で75万人を動員する。
  ◇  ◇
 “嵐先生”が熱い授業で会場を笑顔にする。
 5人は都内で会見し、櫻井翔(29)は「お客さんと音楽を作ったり、大きな絵を作ったり。ハプニングも起きると思う」とプランを明かした。
 6月24日から行われる東京ドームでのイベントは当初、コンサートの予定だった。しかし、東日本大震災による電力不足を考慮し、学校スタイルの企画になった。イベントは90分。歌は歌わず、5人が“先生”となる。
 櫻井は4月11日に、キャスターを務める日本テレビ系「NEWS ZERO」の取材で被災地を訪れた。「その日の夕方も打ち合わせ中に揺れて、津波警報が鳴りだしました。電気は復旧しておらず夜は暗いし、寒かったし、揺れるし落ち着かないし、日々のストレスはすごく大きいだろうなってすごく感じました」と被災地の様子を明かした。実際にその目で見ただけに思いは強い。
 松本は「楽しい空間をつくる。『なるほど』って思ってもらって、それをきっかけに、家に帰ってから『何かやってみよう』と思ってもらえれば」と熱い思いを口にした。大野智(30)は「当たり前のことが大切だと気づいてもらいたい」、二宮和也(27)は「4万5千人に教えるってなかなかない。3日間ドキドキ感があるんじゃないかな」と意気込んだ。相葉雅紀(28)も「五感で感じてもらえるようなことを。難しいことをやさしく、楽しく、POPに」と話した。
 7月6日にはニューアルバム「Beautiful World」を発売、7月24日からは4年目となる国立競技場公演を含む5大都市ツアーも決定。松本は「去年からやりたいと思っていることをやります。新しい装置で」とコンサートでもファンの度肝を抜くことを予告した。

01.jpg  

創作者介紹

嵐について行く

櫻小優 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()