來源網址

人気グループ・嵐が年間171.6億円を売上げ、今年の音楽業界を金額面で最も牽引した。オリコンが20日発表した『第43回年間ランキング2010』(集計期間:2009年12/28付~2010年12/20付)の6部門16ランキングのうち、今年最多となる7冠を達成。国民的な人気を数字でも証明し、リーダーの大野智は「年間ランキング7冠、本当に皆さんのおかげです。ありがとうございました! 2011年も皆さんの心に残る歌を歌っていけるよう頑張ります」とファンに感謝した。

 同ランキングは、CDショップ、専門店、複合店、インターネット通販、家電量販店、コンビニエンスストアなど音楽・映像ソフトを販売する全国3万9580店舗の“実売”データを基に集計。音楽ソフト(CD、DVD、BD)で嵐は、年間最多売上額のアーティストに贈られる「アーティスト別トータルセールス」のほか、「アーティスト別シングル売上金額」「作品別アルバム売上枚数」「作品別アルバム売上金額」「作品別ミュージックDVD売上枚数」「作品別ミュージックDVD売上金額」、「アーティスト別ミュージックDVD売上金額」の7冠を獲得した。

■売上総額は2年連続1位の171.6億円

 AKB48やK-POPが台頭するなかで、嵐はオリジナルアルバム『僕の見ている風景』(8月発売)が累積売上105.3万枚で今年の音楽ソフト作品唯一のミリオンセラーに。DVD年間1位の『ARASHI Anniversary Tour 5×10』(4月発売)がミュージックDVD史上最高の初週売上47.7万枚、累積売上78.6万枚、シングルも年間6作品合計384.4万枚を売り上げ、年間総売上額は1999年にデビュー以来最高の171.6億円。昨年の144.6億円を大きく上回る結果となった。

 男性アーティストの2年連続「アーティスト別トータルセールス」受賞は、1974、75年の井上陽水以来、実に35年ぶり。「作品別アルバム売上枚数」「作品別ミュージックDVD売上枚数」の年間1位は2年連続で、アルバムは2001、02年の宇多田ヒカル以来8年ぶり、ミュージックDVDは06、07年のKAT-TUN以来3年ぶりの記録となった。

 シングルでは、オリコン年間ランキング史上初の快挙も達成。「作品別売上枚数ランキング」TOP10内に、今年リリースした「Troublemaker」「Monster」「To be free」「Love Rainbow」「Dear Snow」「果てない空」の6作すべてを送り込んだ。これは、ピンク・レディー(1977、78年)、光GENJI(1988年)と自身が2009年に記録した「4作同時TOP10入り」を上回る年間最多記録。音楽史に新たな足跡を残した。

 今年の音楽ソフト市場全体を振り返って、オリコンの小池恒社長は「復調の兆しを見せた一年だったと思います。12/20付時点でCDシングルは対前年度比108.6%と、5年ぶりに前年を上回りました。特に下期は前年同期比124.7%となり、尻上がりに数字が伸びた印象です。シングルのヒットは必ずアルバムのヒットにつながります。また、好調が続くライブビジネスと音楽映像作品の関連性も強くあります。来年以降、音楽パッケージのヒットの広がりを期待します」と総括した。

【嵐メンバーのコメント】

■相葉雅紀「今年も嵐を応援してくださった皆様、本当にどうもありがとうございました。シングル6枚、アルバム1枚、DVD1枚と、とても充実した1年になりました。来年も、楽しくさらに充実した1年になりますように、全身全霊で頑張ります!」

■松本潤「今年もたくさんの方々に支えられて、とても充実した1年になりました。年末に素敵なニュースを聞くことができましたこと、とても幸せです。これからも、僕ら自身、音楽を楽しんでいきたいと思います。ありがとうございました」

■二宮和也「大変光栄なことで、本当に感謝です。今年は、音楽の方でもファンの皆様との交流があり、非常に充実していました。来年も、皆様と音楽を通して、つながっていけるよう頑張ります」

■大野智「2010年、年間ランキング7冠、本当に皆さんのおかげです!ありがとうございました! 2011年も皆さんの心に残る歌を歌っていけるよう頑張りますのでよろしくお願いします!」

■櫻井翔「昨年に続き、今年も沢山の方に嵐の楽曲に触れていただき、大変光栄です。個人的には、約2年ぶりのオリジナルアルバムを多くの方々に聴いて頂けましたことを、非常に嬉しく思っています。来年も、スタッフと共に、より多くの方々の心に残る音楽を作っていけたらと思いますので、どうぞよろしくお願いします」

創作者介紹

嵐について行く

櫻小優 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()